(ネタバレあり)男性原理と女性原理の相剋-『シン・エヴァンゲリオン劇場版』感想

Filmarksに書いた感想からの転載です。以下、全面的にネタバレしてます。

 

----------------------------------

 

イスカリオテのマリア」の存在が面白い。みんなシリアスなのに一人だけノリが違ったり。エヴァに乗ることを仕事とか役目と捉えている感じで、ほかの14歳パイロットより悲壮感がなかったり。「ゲンドウくん」呼びなのが不思議だな、と思ってたら、マリ・イラストリアスはどうやらゲンドウとユイと同じ研究室にいたらしい。

 

そしてエヴァパイロットになり、ユイは死んだがマリは何故か生き延び、乗ったことで年齢がそこで止まり、シンジやアスカと同じ立場で働くことになったということか。

 

エヴァの開発に関わっておりしかもパイロットでもあるというのは、エヴァとの関係性がほかの異なっていて当然なのだが、ある時点で冬月とゲンドウを裏切っている。だから「イスカリオテのユダ」であり、シンジと世界を救うことから「マリア」なのだ、と。

 

そういう辻褄合わせの部分より、映像のスペクタクル性が凄くて眼福であった。特に序盤の展開が凄まじいのだが、後半絵コンテにしか見えない部分があり、白抜きの絵が続いたあとにマリが海から登場し、「間に合った」と言う。狙った皮肉か(作画がぜんぜん間に合ってるように見えない)。締切との戦いというアニメ製作への自己言及性を備えた作品だと思うが、最後の最後にまたそれをやっている。

 

ラストショットはリアルにしか見えないドローン撮影で、大人になったシンジとマリが手を取り合って駅のロータリーを走り抜ける。なんというか、ここまであからさまに「現実に帰れ」をやられると「あ、はい」としか言えない(2000年代に安室ちゃんが流行らせた黒いチョーカーを外すシーンも象徴があからさますぎる)。

 

物語内でだんだんと変化していった女性の立場について記しておく。NERVという男性上位の組織からヴィレというレジスタンスが発生する。艦長も副艦長も、NERVで高位にいた女性たちである。また、シンジらが中盤を過ごす第三村で農業に携わる人々には、中年女性が多かった。そして、主人公たるシンジくんはほとんど実戦は行わず、激しい戦闘シーンはマリとアスカが引き受けている。中年女性や若い女性が力を得て高齢男性の作り上げた暴力的世界に抗うという物語展開において、総監督庵野秀明の伴侶である安野モヨコの存在は大きいと思う(彼女はキャラクターデザインやデザインワークに名を連ねており、作中の絵本『オチビサン』の作者でもあり、移動図書館には『シュガシュガルーン』のポスターが貼られている)。彼女は男性や周囲の都合に振り回されず「意志」(ドイツ語で"Wille")を貫き通す女性たちを描き、一世を風靡した漫画家である。

 

プラトンイデア論、聖書におけるアダムとイヴの描写、デカルトやルソーの啓蒙思想ニーチェの超人思想を例に出すまでもなく、西洋思想では長らく「理性」、「意志」は男性の領分、「身体」は女性の領分とされてきた。このアニメではその構造を反転させている。NERV(神経)という組織で有機体とロボットの中間のようなエヴァを作り出していた(つまり今のところ女性にしかできない「産む」という行為を行おうとしていた)のは碇ゲンドウと冬月といった男性たちで、それに対し「自分たちの意志で未来を作る」と反旗を翻したのはミサト、リツコの率いるWILLE(意志)である。西洋思想における男性原理、女性原理を反転させているという点においてもこのアニメは新しい。というか男性は知性、女性は感性といったステレオタイプをぶち壊している。

 

かといってこの物語が男女の分断を煽っていると考えるのは早計である。冒頭、伊吹マヤが作戦行動内で弱音を吐いた部下の男性たちに「これだから最近の若い男たちは」とぼやくが、ヴンダー号内で槍を生成する際、船内に残った若い男性クルーたちを見て同じセリフを今度はポジティブなニュアンスで述べている。物語構造から言って、強力にかつ高圧的に存在し、世界をめちゃくちゃにしようとしている高位の壮年・高齢男性から秩序を取り戻すために、女性と男性は共闘できるという目配せではないか。

 

壮年・高齢男性の支配からの脱却を意識的に描いてもいる。たとえば、母親となったシンジの同級生である委員長とその娘、ツバキと、複製人間である綾波レイの関係が描かれている。綾波はツバキとの関わりや農作業を通じて人間性を獲得していく。つまり、ゲンドウや冬月が絶対に彼女に与えられなかったもの、人間らしい言語や概念を、この委員長とその娘は綾波に獲得させているのだ。

 

そしてシンジもまた、「そっくりさん」と呼ばれていた綾波に新しい名前を付けてくれ、と言われ、「綾波綾波だよ」と、名付け行為を行なっている。ここで彼は「父親」と同じような役割を果たし、碇ゲンドウに打ち勝っている。綾波はシンジの母親ユイの複製なので、シンジは比喩的に母親に命名したことになる。母の父になっている。この瞬間、彼ははっきりと碇ゲンドウを超えたのではないか。

 

このようにこの映画では、絶対的・超越的父性を体現していた碇ゲンドウが間接的に乗り越えられる瞬間がいくつか描かれている。

 

最後にそのやっと殺された父、碇ゲンドウについて述べておく。ほぼ殴り書きのような鉛筆描きの絵柄で過去回想が綴られるゲンドウは、たった一人の女性に会うために世界を道連れにしたという点で、「セカイ系」のラスボスのような存在だ。概念的かつ高邁な人類の救済ではなく、そちらが根底にあった願望だと明かす展開、正しく父殺し。神殺しをする父殺しをする少年の物語だった。ただしこの映画で強烈に生き生きと描かれているのは女性である。シンジはトチ狂った父親に引導を渡す(劇中では「落とし前をつける」と表現される)役割しかほぼ果たしていない。意志の槍を届ける際の自己犠牲、父殺しをした少年の救済と、世界秩序を取り戻すためにお膳立てをするのは女性である。これらの点から、非常にエンパワメント性の高いアニメ映画だと思った。

 

追記: 碇ゲンドウが回想シーンでiPadらしきものを操作してたけど、Appleが初代iPhoneを開発したのは2008年。何回かの「インパクト」なるものを乗り越えて、Apple社はiPhoneを世に出していたという設定なのか?そこでガジェットをアップデートすると世界線が壊れないか?ウォークマンが重要なガジェットとして出てくるのに。そう言えば、『プロフェッショナル』で観た庵野秀明のマシンはMacBook Airであった。

(ネタバレあり)網戸を自力で直せる女-『大豆田とわ子と三人の元夫』最終話感想

今クール、最も夢中になって観ていた『大豆田とわ子と三人の元夫』が最終回を迎えました。

 

オダジョー演じる小鳥遊大史のターンで目まぐるしい感情のジェットコースターを経験し、「もう最終話は余生のような感じになるしかないだろー」と思いながら観ていました。ときめきこそないものの、それはそれは「女の一生」について考えさせられる回でした。

 

とわ子の母が秘めていた同性の恋人の話と、娘が依存的な彼氏との関係を終わらせ、自分で人生に立ち向かうまでを1話で見せるとは。正直、あと2クールくらい使ってじっくり見せるべきところを詰め込みすぎた感じで、段取り的な印象は受けました。しかし母、ヒロイン、その娘と、三代にわたり「女の一生」を描いたドラマとしては、完璧な終わり方だったと思います。

 

網戸を直してくれる男を待っていたとわ子が、自力で直せるようになるまでのドラマでもありました。高級そうなデザイナーズマンションなのに、網戸が何度も外れるのは不思議です。しかし、何度パートナーと別れても、次の出会いに前向きなとわ子の人生を象徴的に表しているのでしょう。

 

ドラマの終わり際、「大豆田とわ子は最高です」というフレーズがバカみたいに、ヤケクソのように何度も繰り返されます。確かに、登場人物の誰よりも大豆田とわ子が最も魅力的で輝いてるんですよね。このドラマのヒロインは誰かに嫉妬したり恋敵になったり人を陥れたりすることもなく、淡々と、なおかつ愉快に生きています。女性を描く際に感情のクリシェを使っていない、いい脚本でした。

 

彼女は男性でもすぐ心が折れそうな責務を背負いながら、飄々と暮らしています。元夫達が夢中になるのも分かる人間です。ただ単にヒロイン讃歌で終わるのはドラマとしてはどうかと思いましたが、本当に見事としか言いようのない生き様を見せてくれました。こういう女性が増えて欲しいという、作り手のエールのようなものも感じました。

 

だからこの感想の締めの言葉も、「大豆田とわ子、あなたはサイコーです」。

(ネタバレあり)大豆田とわ子の実験-『大豆田とわ子と三人の元夫』第9話感想

以下、『大豆田とわ子と三人の元夫』(以下、まめ夫)第9話のネタバレをしてます。

 

---------------

 

まめ夫の第7話、第8話をご覧になった皆さんがご存知の通り、小鳥遊という人物はビジネスとプライベートを峻別するという特性があります。ありました。それはもう二重人格かと思うほどに。

 

大豆田とわ子は、そんな小鳥遊の公私の人格を統合しようとします。非人間的な人格たらしめていたホモソーシャルの絆(残り物のカレーを食べさせて彼を手懐けたマディソンの社長)から彼を(同じく残り物のカレーで)断ち切ることによって。

 

そうやって出てきた新しい人格は、残念ながら大豆田とわ子の望むような人間ではなかった、そしてそれをとわ子は瞬時に悟ったということでしょう。小鳥遊が社長の不祥事による退陣を「都合がいい」と言ったときに。あるいは、彼女が「(尊敬する建築家の)ジェフリー・バワのような家を建てたい」と言った際、「(マレーシアのバワ建築の影響を受けた住居に住むことで)夢が叶いますね」と小鳥遊が返答したときに。

 

それまでの(具体的に言うと8話の)小鳥遊は、ラジオ体操で会う天使のような人格と、しろくまハウジングの会議室で会う悪魔のような人格にくっきり分かれていました。天使・小鳥遊は、彼ととわ子が愛する数学のように一点の曇りもない純粋さで、とわ子を魅了していました。おそらくとわ子はこちらの人格にだけ、あるいはこちらの人格の特性が多めに残ってほしかったことでしょう。しかし残ったのは、天使と悪魔がいい感じに中和され、人間になった小鳥遊でした。

 

ここまで書いてきて、「男女の機微について何も知らないプライベート小鳥遊=天使」説が聖母マリアの処女幻想の反転であることに気づいたんですけど、男性でそういうキャラ造形をした坂元裕二も演じたオダジョーも凄い、という結論に至りました。ヤングケアラーで世間から十数年隔絶されて過ごした故の無垢さと、仕事という鎧で固められて身動きが取れなくなった不自由さを一人の男性で描き出すのは匠の技としか言いようがありません。

 

最後、とわ子から別れの抱擁と頬へのキスをされたとき、脚本に書かれていたはずなのに完璧に不意をつかれた感じの「お、これは僥倖」といった表情をしていたのを観て、「オダジョーはやっぱ凄まじい役者だなあ」と思いましたね。

 

このドラマもあと一回、どういう結末になるのか楽しみです。

(ネタバレあり)やせた土地と現実逃避としての「ストーリー」ー『ドリームランド』感想

Filmarksの試写で『ドリームランド』を観ました。
以下の感想はネタバレですので、未見の方は注意です。

                                                                                                  • -

不毛な土地で暮らす17歳の少年ユージンと、彼に匿われる負傷した女強盗アリソンの話です。

この物語では、土地と個人が物語る「ストーリー」が非常に大きな意味を持っています。

まず土地について述べます。
テキサス州ウィチタ郡にかつて存在した町ビズマークが舞台で、エンドロールによると、ロケはすべてニューメキシコで行ったそうです。
作物の見えない黄土色と茶色の画面から、土地の干からびた様子が伝わってくるばかりではなく、ときには激しい砂嵐が吹き荒れます。ビズマークはもともと痩せた土地である上に、干ばつで土地が干上がり町の人々は苦労しているという設定です。

そんな中で主人公のユージンは、5歳のときに自分と母を捨てた実父が向かった先、メキシコへの憧れを持ちながら暮らしています。
アリソンと銀行強盗のパートナーで恋人だったペリーもまた、メキシコへの逃亡を目指していました。

退屈していたユージンの逃避願望をアリソンは明敏に見抜き、逃亡の手助けをさせようとします。

土地に次ぐ物語上の重要点が「お話」です。
まず、実父がユージンを魅了したのは、メキシコが「地上の楽園」であることを伝えるポストカードによってです(この虚飾はのちに暴かれます)。
ユージンは現実逃避のために、納屋で探偵小説の雑誌を読んでいます。
アリソンがユージンを魅了するのも物語によってです。
脱出、逃亡のためにユージンの心を掴もうと必死な彼女は、銀行強盗の自らを英雄として語り、ミズーリ州の痩せた土地で育ち両親はすでに亡くなっていると、ユージンと同じような境遇であることを訴えます。

外の世界へ出たいユージンと車がなければ逃げきれないアリソンの利害は一致します。
のちに彼と彼女は、「一緒に海を見る」という夢によって結ばれます。
この映画ではしばしば、フィルム撮影のメキシコの海のショットが挿入されます。
二人がメキシコ行きを決意してからは、その頻度が増えます。
「海ですべての罪を洗い流す」という「お話」を二人が共有したことを意味するのでしょう。
彼らにまとわりつく厳しい現実は、激しい砂嵐によって比喩的に表現されています。

重要なのは、アリソンがユージンを連れ回したことではなく、彼が自発的に彼女についていったことです。
アリソンは劇中二度、"Choice was yours"、"Your choice"(「あなたの選択」)と言います。
彼は彼女を愛しているという「ストーリー」に囚われてしまったのでしょう。

実父から兄へ、兄から自分へ受け継がれた喪失感を基に「ストーリー」を語ると、語り手であったユージンの義妹フィービーは最後に述べます。

劇中にビリー・ザ・キッドの話が出てきたとき、アリソンは「人が死ぬのは忘れられたときだ。思い出される限り、その人は生き続ける」と言います。実体ではなく、思い出=物語が重要だと述べているのです。

しかしこの物語では2回、ユージンの「お話」からの幻滅が描かれます。
1つ目は、メキシコへ行った実父が本当はどうなったのか母親に聞いたとき。
2つ目は、アリソンが犯した許し難い罪を知ったとき。

彼は希望を持って逃げた先でもダメなものはダメであることを思い知らされます。
そのことが、彼が終盤に一線を越えた(妹に当たるかもしれないのに拳銃を撃った)遠因にもなっているのではないでしょうか。

この映画で、希望の物語への憧れは、家族の形と一人の少年の人格を根本から変えます。
他人の持つ物語を見つめるだけではなく、自分が妹にいつまでも思い出される物語に変わってしまった瞬間に、ユージンは姿を消します。
彼は大きな代償を払い、逃亡者としての人生という自分の物語を生きることになりました。
その代償をアリソンが一手に引き受けさせられるのは納得が行きませんでしたが。

若冲と大典-『ライジング若冲』観ました。

録画していたNHKの正月時代劇、『ライジン若冲』を観ました。

 

芸術の追求を通じて繋がった絵師と僧侶の物語でした。

 

「あんたの絵を通して宇宙を、仏を見たいんや」と、若冲の手を握りしめて相国寺の有望な僧侶、大典が言います。それがプロポーズのようになっています。

 

若冲が描いた、白い尾羽の先がハートになった優美な鳳凰の絵の前で、白無垢的衣装を着た若冲と黒い紋付き的衣装(僧衣ですが)を着た大典が、「死が2人を別つまで」友でい続ける誓いを立て、象徴的結婚式を行うという、非常に分かりやすいBL演出でした。

 

中村七之助の普段はたおやかながら、絵に集中するときは神さびたアウラをまとう若冲と、優秀であるが故に僧として期待され、詩に打ち込むことができず鬱屈した激情をたたえる永山瑛太の大典、よかったです。

 

尺の都合もあると思うのですが、円山応挙池大雅の絵ももっと見せてほしかったですね。特に応挙は、「自分の足元を照らしてくれる人がいない」と泣きながら大典と若冲の仲を羨ましがっていたのに、その伏線は回収されることなく最後に絵師番付で一位取って満足して終わりって。連続ドラマで描くべきエピソードを詰め込みすぎたのではないでしょうか。

 

大雅の妻であり自身も絵師である玉瀾の見せ方はあれでよかったのか、と疑問が残りました(大雅の髪を梳ったり残り少ない米を食べさせるケア要員として登場、「旦那様が好きだから、画風が旦那様に似る」と言う)。

 

そのときそのときの好きな場所で野点をして、客からお茶代を取る売茶翁(石橋蓮司)の働き方(移動式茶店)が、職場=自分がいるところのテレワーク時代の気分にフィットしているように感じました。 

 

最後に「え、皇室、廃仏毀釈のとき取り上げた若冲の絵は相国寺に返還すればいいのにー」と思いましたね。

ふんわり彼氏と色彩の炸裂ーNHKドラマ『岸辺露伴は動かない』第三話「D. N. A」感想

NHKドラマの『岸辺露伴は動かない』第三話「D. N. A」を観ました。

いやー、三話目にしてめちゃくちゃ「作画・荒木飛呂彦」な人が出てきましたね。
片平真依を演じた瀧内公美さんです。
線の太い顔と意志の強そうな眼差し、ポンパドールを2つ、センター分けにした四角い髪型。
最高にジョジョ実写化感がありました。

物語は、言葉を逆さまに話し、ぬいぐるみで固めたピンクのテントに隠れて過ごす5歳児、真央とその母親、真依が、ひょんなことから記憶をなくした写真家、平井太郎と出会い、母娘と太郎の奇妙な縁が明らかになっていく、というものです。

今回、岸辺露伴狂言回し的な感じです。「ヘヴンズ・ドア」を使って人を読むときは顔が本になるのではなく、なんと人が本そのものになっています。露伴はこの回、人の顔ではなく物理的な本(本に形を変えた人なんですが)を読みます。そのため、「何かと闘う」という感じではなく、不可視だったものを解読し、解説する、という役回りになっています。

岸辺露伴が真央の特性を「彼女の個性だ。何も異常はない」というのはよかったですね。「奇妙なもの」に対する耐性が違います。

真依が真央をファブリックで包むのは世間から普通とは違う彼女を隠そうとしているのですが、布がピンクや清潔で明るいパステル系の色で、彼女を忌むべきものではなく傷つけられたくない大切な存在だと思っているから、というのが分かる演出でした。彼女たちの明るい色彩に満ちた暮らしぶりが、記憶をなくした平井太郎の透明な存在感と繋がるんですよ。そして彼が最後に撮る写真は、彼女だった編集者の泉京香が好きだった、都会の暗い風景を写した作品とは違う「ほのぼのした感じ」に変わっていた、というのはオチがついています。つまり、質感の合流によりすべてを語っているエピソードでした。

このドラマ、衣装部の仕事には毎回感銘を受けていましたが、最終回にして衣装と色彩の整合性・生合成こそが物語の意味的主役と言える役割を果たしており、素晴らしかったです。

来年末にも続編があることを熱烈に希望しますね。

森山未來の身体表現ーNHKドラマ『岸辺露伴は動かない』第二話「くしゃがら」感想

NHKドラマ『岸辺露伴は動かない』の第二話、「くしゃがら」を観ました。

行方不明となった担当編集者に渡された使用禁止用語リストに載っていた「くしゃがら」という言葉に取り憑かれた漫画家、志士十五を、森山未來が怪演していました。

IKEAのショッピングバッグみたいな大きい青いズタ袋を持ち、ホーボーのような風体の志士十五は、登場時点からかなりハイテンションかつ他人の話を聞かない、人を食った人間です。

それでも当初あった飄々とした軽快さは「くしゃがら」に取り憑かれてから消え去ります。
床を這いずり回り資料を舐めるように調べる姿は、問題となっている奇妙な単語の具現化のようでした。
特殊効果を使わないであれだけ「憑依された人間」感を表現できるのは、彼の並外れた身体の動きがあってこそのことでしょう。

一話目はスタンドそのものを見せなかったのですが、二話目は「くしゃがら」の恐ろしい姿を見せます。
その正体は「言葉」そのもので、関心を持った人間に伝染するという、Jホラー的な展開でした。

菊池成孔の不穏な弦楽も、恐怖を有機的に増幅させているようでよかったです。

それにしてもこのドラマ、衣装部がいい仕事しています。
荒木飛呂彦の原作はカラフルな色彩が特徴的ですが、このドラマ化での露伴はモノクロの衣装がベースになっているんですよね。主演の高橋一生のモード系が似合う体型にぴったりだと思いました。

あと、一度だけ挿話的に中村倫也が登場したときの画面の透明感が半端ないです。
記憶をなくした写真家、平井太郎役なのですが、彼の虚ろさがそれ以外のパートで展開するドロドロしたホラーの、一服の清涼剤のように機能していました。

当世一の役者陣を適材適所に配置しているドラマだなあ、と思いました。